クレカ無しで契約できるLINEモバイル

クレジットカード無しで契約できるLINEモバイルは、LINEやTwitter、Facebook、インスタグラム等のSNS系アプリのデータ消費なしで使うことができます。

月額料金が少し高く目なので、SNS系のアプリをあまり使わない場合は、お得感がありません。

「LINE Payカード」が使えるので、クレジットカードを持っていなくても契約できるのです。
お申込みはコチラから

契約の仕方は、下記に説明しています。

ホームページに掲載されている内容を見てみると、クレジットカードがなければ契約ができないといった文章が書かれているのですが、実際には『LINE Payカード』があれば契約が可能です。

LINE Payカードとは?

LINE Payカードは、JCBと提携によって発行されているプリペイドカードの一つで、EDYやnanacoと似たようなものであり、JCBに加入している店舗で利用可能となっています。

予め入金を行った上で利用していくことになるので、発行の際に審査は行なわれず、専業主婦の方や未成年の方等、年齢、職業問わず誰でも持つことができます。

クレジットカードと同じく、カード番号として16桁の番号が書かれており、セキュリティーコードとして3桁の数字も書かれています。

LINEモバイルのお申し込みをする時に上記の番号があれば、契約を行うことが可能ですので、クレジットカードもデビットカードも必要ありません。

LINE Payカードはクレジットカードの代わりとすることも可能ですので、Amazonやコンビニ等といったJCBのクレジットカードが使えるところであれば、クレジットカードと同じく支払いに利用することが可能となっています。

クレジットカードとは違い、予めLINE Payカードに入金しておく必要があり、分割払いできませんので、デビットカードと似たような使い方になります。

LINEモバイル申し込みの流れ

LINE Payカードを用いてLINEモバイルの申し込む方法についてですが、最初に公式サイトにアクセスし、ホームページ上にある『申し込み』をクリックし、クリックした後の画面では、プランを決定する、個人情報を入力する、本人を確認するための書類を提出するといったことを行っていきます。

その後、ログインに必要なIDやパスワードを登録し、入力した内容に誤りがないかを確認してからお申し込みを行うと、LINEモバイルと正式に契約が行えたことになります。
下の方に図解もしていますので、参考にして下さい。

プラン選択3つのプランからお好きなプランを選択します。

お客様情報入力ご契約に必要なお客様情報を入力します。

本人確認本人確認書類をアップロードします。

それらが終わると今度はいよいよ『支払い方法を選択する』の工程に移るわけです。

支払方法選択クレジットカード、LINE Pay、LINE Payカードから選択します。(ここでLINE Payカードを選択すれば良いです)

ここの画面を見ても、クレジットカードやLINE Payカードで支払える旨が書かれており、ここでのクレジットカードはLINE Payカードも指しているのかどうかがはっきりせず、迷ってしまいますが、支払い方法を選択する際の流れを説明すると、最初に『支払い方法を選択する』のボタンをクリックすると、支払い方法を選択する画面に切り替わりますので、ここでクレジットカードもしくはLINE Payカードを選ぶことになっています。

LINE Payカードを使っていきたいのであれば、クレジットカードを選びます。その後、必須項目の入力を行い、『登録する』のボタンをクリックし、『次へ』のボタンをクリックすると先ほどの支払い方法を選択する画面へと移りますので、ページの下の方にある『進む』のボタンをクリックして下さい。

これで、LINE Payカードをクレジットカード代わりとすることが出来たことになります。

ログインID・パスワード設定任意のID、パスワードを設定します。

申し込み完了ご登録いただいた内容を確認の上、メールで本人確認審査の結果をお知らせします。

という申し込みの流れになっています。

LINE Payの入手方法

LINE Payカードでは2つの方法が用意されており、早いのは2つ目にご紹介するコンビニとなっています。

アプリから購入する方法

LINEアプリを起動させ、そこから『LINE Pay』を選んだ後、『はじめる』をタップすれば、LINE Payカードを申し込めるようになっています。

利用するには、郵送されてきたLINE Payカードをスマホ上から登録する必要があり、郵送には1週間から2週間ぐらい掛かりますので、早めに申し込んだ方が良いかもしれません。

コンビニ

すぐに利用が出来るという点では、コンビニで入手する方法が良いです。コンビニではLINEプリペイドカードを目にすることがありますが、LINE Payカードとは違いますので、間違えのないよう注意して下さい。

そして、コンビニ以外でも入手することが可能となっていて、入手可能な店舗を具体的に挙げると、ツルハグループである、ツルハドラッグ、ドラッグストアウェルネス、くすりのレディ、くすりの福太郎、ウオンツ、メディコ21となります。

LINE Pay以外のデビットカードは支払い不可能

LINE Payカードではない、デビットカードでの支払いはできません。デビットカードで確実に格安SIMを手に入れたいのであれば、楽天モバイル・DMM・UQモバイルおススメです。

まとめ

LINEモバイルでの料金の支払いにチャージすることで利用が可能なプリペイド式のカードである、「LINE Payカード」が使えるというのは、LINEモバイルならではのサービスであり、強みとなるのではないかと思われます。

私がそのように思うのは、クレジットカードがなくても、銀行の口座から自動的に入金を行い、支払うことが可能で、口座振替を利用しているような感じで利用出来るためです。

ところが、今の段階ではLINEモバイルでもあまりLINE Payカードを支払いに充ててほしくないのか否かは分かりませんが、支払い方法についてはあえて理解しにくいように記載していると考えてしまうぐらい理解しにくい書かれ方がされているのです。

error: Content is protected !!