格安SIMを全社並べない理由とは・・



インターネットで情報を探していると、全て比較しようとしていますね。

正直全く意味のない事です。

5社ぐらい買うなら必要かもしれませんが。

携帯5個も必要ですか?

安くしたいのに、5個も買ったら安くならないですよね?

本末転倒だと思います。

 

そこで、なぜこのホームページは3社しかないのかというと、

差があるのと、わかりやすいのと、どれを申し込んでも

シンプルだからです。

それだけです。

 

細かい数字を比べても全く時間の無駄です。

1分がどうで、こうで、あーでこーで、

いやいや、その調べている考えている時間さっさと買って、自分のビジネスに役立てた方がよっぽど

賢いと思いますよ。

とにかく、無駄が多すぎるページがありすぎですね。

そんな比較いらんだろって。

 

結局は、電話ができて、ネットができればいい。

それで安ければいい。

通話も10分いない無料ならなお良いわけで。

 

いくら安くても、電話したら、30秒20円だとすると、

30分もかけたら1000円近く上がります。

安くした意味がないんですよ。

それで、差額が、1600と1980円

 

所詮この程度です。

だから1位のワイモバイルをおすすめしているんです。

電話も節約できて、通信もついていて、1980円

しかも、格安SIMでありながら、機種代金込みでいけるわけです。

何が嫌なんでしょうか?

 

結局、そこ以外だと、端末は別で数万円出さなければなりません。

簡単に計算しますね。

 

本体 40000円

月1600円 (格安SIM)

電話 月30分程度(仮に1000円とします)

40000円➗24ヶ月)➕月1600円➕1000円=約4266円/月額

 

では、ワイモバイルでは?

端末 38400円(月1600円)

月月割 毎月1600円

月1980円

誰とでも定額 1000円

 

(38400円➗24)➖1600円➕月1980円➕1000円=2980円/月額

 

 

格安SIM

月額4266円➖2980円=1286円の差額

2年間で、30864円も差額が出ますね。1台で。

 

やすいようで、実は安くないのが、格安SIMです。

言っちゃいました。

はい、はっきり言います。

端末別で買う格安SIMは意味がありません。

だからワイモバイルの公式ホームページを紹介しています。

不明点はお問い合わせください。

お答えします。

より詳しくはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!